タグ: カリウム

ダイエットだけじゃないりんごの効果

一時期、ダイエット食としても流行ったりんご。実際、低カロリーで腹もちがよく、食物繊維も豊富。さらにコレステロールの吸収を抑えるセルロースも含まれています。まさにダイエットには最適の食品です。

 

ダイエット以外にも、カリウムやカルシウムが豊富。ポリフェノールによる抗酸化作用も期待できるので、美肌にも効果的です。作物としても育てやすく、様々な地域で食されています。

低糖質で低カロリーの白菜はダイエット向き

白菜の約95%は水分でできているのですが、栄養素をバランスよく含んでいます。キャベツに比べて糖質が少なくカロリーが低いのでダイエットにも向いています。

 

特に芯の部分にはビタミンCが多く含まれています。ナトリウムを排出させ、利尿作用のあるカリウムも含まれているので、漬物にして上がった塩分の過剰摂取を防いでもくれます。

にんじんのカロテンは表皮に含まれている

にんじんと言えばカロテンカロテンの含有量としては、主な野菜の中ではずば抜けています。カロテンは免疫力を高めて、ガン、心臓病や動脈硬化を防いでくれます。さらにカロテンは体内でビタミンAにも変化するので、皮膚や粘膜を健康にして美肌にも効果があります。

にんじんは半分ほどで、1日に必要なビタミンAが摂れる優秀な食材です。

またビタミンBビタミンCカリウムカルシウムなどもバランスよく含まれています。

 

そんなにんじんカロテンですが、多くは表皮に含まれいるので、調理する時にはできるだけ皮を活かしてください。また野菜ジュースでも、皮も含めてジュースにしたものを選ぶといいでしょう。

ゴーヤのあの苦味が胃の働きを促進します。

沖縄の代表的な食材であるゴーヤですが、特徴はなんと言ってもあの独特の苦みです。この苦みの素はモモルデシンという栄養素。このモモデルシンは胃の活動を活発化させるので、食欲増進の効果があります。夏バテで食欲がない時には、ゴーヤチャンプルなどのゴーヤ料理は抜群の効果があるということですね。

 

またゴーヤの特徴としては、ビタミンCカリウムを豊富に含んでいるだけでなく、熱を入れても壊れにくいので、ゴーヤチャンプルは栄養という面でも優れた料理です。カリウムは体の動きを助けてくれるので、ゴーヤはまさに夏の健康野菜と言えます。

きゅうりは浅漬けにすると、乳酸菌とカリウムがアップ

きゅうりに多く含まれているカリウムは、利尿作用を促すので、血圧の安定に効果があります。

さらに漬物(ぬか漬け)にすると、カリウムがさらに大幅アップしますので、おすすめ。漬物で発酵させた乳酸菌(植物性乳酸菌)は、胃酸で死滅しにくく、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌に比べて、約10倍も生きたまま胃に届くと言われていますので、時間があればぜひ、きゅうりの漬物を試してみてください。

test