タグ: カルシウム

小松菜は優等生野菜

小松菜

お子様や女性に食べてもらいたい

今年2018年夏の記録的な猛暑により、葉物野菜の値段が随分と高騰しているようです。

スーパーの野菜コーナーに行くと、あれもこれも買いたくなる衝動を抑え、ここは冷静に家計を預かる主婦として、そして「手抜き料理専門家」として、どの野菜を買うべきかいつも以上に吟味する機会が増えています。

そんなとき、私は「小松菜」をよく選ぶのです。

 

理由は調理がラクであること。そしてカルシウムが多いという点からです。

小松菜はアクがほとんどないので茹でても水にさらす必要がありません。

苦味もほとんどなく、私はこの自己主張しない奥ゆかしさが個人的に好きな理由かもしれません。

しかしカルシウム含有量は野菜の中でもトップクラスで、ホウレンソウの約3~4倍含まれていますので、育ち盛りのお子様やカルシウム不足を気にする女性には是非ともおすすめしたい野菜なのです。

また生でも食べることができますので、熱に弱いビタミンCの摂取もできるのです。

 

こんなに優等生の「小松菜」をモリモリ食べることができる超簡単(手抜き!?)5分でできる料理をご紹介いたします。きっと美味しくてお箸が止まりませんよ。

小松菜

【小松菜と油揚げの煮びたし(2人分)】

~材料~

・小松菜 1束

・油揚げ 1枚

・だし汁 150CC(水150CCに顆粒和風だしを小さじ1溶かしたものでもOK)

・しょうゆ 大さじ1

・酒 大さじ1

・砂糖 大さじ1

・ゴマ油 小さじ1

・七味唐辛子 お好みで

~作り方~

①小松菜は根の部分を落とし、よく水洗いする。4~5センチの長さに切っておく。

②油揚げは油抜きせず、縦半分に切ったら1センチ程度の短冊切りに。

③フライパンに、だし汁、しょうゆ、酒、砂糖を入れ強火にかける。沸騰したら①と②を加えて3分程煮る。

④火を止める直前にゴマ油を加える(最後に加えるとゴマ油の香りが立つ)。

⑤お好みで七味唐辛子をどうぞ。

コラム:栄養管理士/大森貴舟

『キヌア』今までになかったパーフェクトフード

キヌアの原産地はチリのアンデス山脈一帯です。

高タンパク 低カロリーで栄養価が高く満腹感があるので欧米のセレブの間でダイエットに活用されています。

完全食品といわれるほどの栄養価を持っていて、食物繊維 カルシウム ビタミンが豊富です。

さらに女性ホルモンと同じような働きをする成分フィトエストロゲンやカルシウムも多く含まれていて、女性にうれしい食品です。

美肌・ダイエット・健康に効果の期待ができる、まさにパーフェクトフードです。

食べ方は茹でてサラダやスープ、シリアルなどにトッピングしたり、お米と一緒に炊くなど 味のクセは少ないので、何にでも合わせやすい食材です。

ダイエットだけじゃないりんごの効果

一時期、ダイエット食としても流行ったりんご。実際、低カロリーで腹もちがよく、食物繊維も豊富。さらにコレステロールの吸収を抑えるセルロースも含まれています。まさにダイエットには最適の食品です。

 

ダイエット以外にも、カリウムやカルシウムが豊富。ポリフェノールによる抗酸化作用も期待できるので、美肌にも効果的です。作物としても育てやすく、様々な地域で食されています。

意外?しその葉は栄養豊富

香り付けのような形で添えられていることの多いしその葉。よくお刺身などに付いています。そのため栄養の低い食材のように考えがちですが、意外に栄養豊富なんです。

 

臭いの成分であるペリアルデヒド。食欲を増進させるとともに、強い防腐作用があるので、食中毒の防止に効果的。お刺身に添えられているのも、そういうわけです。

また特にカロテン、ビタミンB2、カルシウムは、野菜の中でも最も豊富に含まれていますので、しその葉が出てきた時には、積極的に食べましょう。

 

イライラする時はセロリを食べよう

セロリと言えば最近は茎の部分が主役のようなイメージですが、葉の部分にはカロテンが豊富に含まれているので、葉も残さず食べるのがおすすめです。

またもうひとつセロリで豊富なのはカルシウム。イライラした時に気持ちを落ち着かせる作用があります。

食材としても、油っこい料理の合間に、口の中をさっぱりとさせる付け合わせとして活用することもできる、料理の名脇役として活躍します。独特の香りが苦手な方もいますが、ぜひ積極的に食べていきたいですね。

しいたけは干すことでビタミンDがアップ!

しいたけは低カロリーで、ミネラル食物繊維が豊富。だから生活習慣病や便秘に効果があります。またレンナチンという、がんの発生進行を抑えたり、ウイルス性の病気への抵抗力をつける効果がある成分も含まれています。

 

また、しいたけの凄い特徴として、エルゴステロールという成分が含まれています。これは日(紫外線)に当たるとビタミンDに変化。ビタミンDカルシウムの吸収を助け、骨や歯を丈夫にしてくれます。

ですからしいたけは、生のものより干したものの方がおすすめです。

にんじんのカロテンは表皮に含まれている

にんじんと言えばカロテンカロテンの含有量としては、主な野菜の中ではずば抜けています。カロテンは免疫力を高めて、ガン、心臓病や動脈硬化を防いでくれます。さらにカロテンは体内でビタミンAにも変化するので、皮膚や粘膜を健康にして美肌にも効果があります。

にんじんは半分ほどで、1日に必要なビタミンAが摂れる優秀な食材です。

またビタミンBビタミンCカリウムカルシウムなどもバランスよく含まれています。

 

そんなにんじんカロテンですが、多くは表皮に含まれいるので、調理する時にはできるだけ皮を活かしてください。また野菜ジュースでも、皮も含めてジュースにしたものを選ぶといいでしょう。

大根おろしは夏の食欲不振に効果的

よく料理の付け合わせにとして供される大根おろしですが、これは大根の根の部分に含まれるアミラーゼジアスターゼペルオキシダーゼといった消化酵素を摂るのに最も適した調理法です。これらの消化酵素は、胃の働きを活発化させるので、夏の食欲不振などに効果的ですが、熱で壊れやすいからです。食欲は沸かないときは、大根おろしを一品加えてみるといいでしょう。

 

また葉の部分には、カロテンビタミンCカルシウム食物繊維などが豊富などで、こちらもぜひ料理に活かしてください。

test