タグ: コラーゲン

ブロッコリーは茹ですぎないのがポイント

ブロッコリーはガンの予防にいいとされるアブラナ科野菜で、ビタミンCが豊富です。ビタミンCコラーゲンの生成、免疫力の上昇に効果があり、病気を予防してくれます。

 

ただしこのビタミンC。あまり長く茹でると壊れてしまうので、サッと茹でてマヨネーズやドレッシングで頂くのがいいでしょう。少し歯ごたえがあるくらいが最適です。

誤解されがちだけど、じゃがいもは意外と低カロリー

欧米では主食としても食べられているじゃがいもですが、日本ではカロリーが高そうなイメージがあります。しかし実はじゃがいものカロリーはお米の半分ほど。意外ですが、主食としてのじゃがいもはダイエットに向いた食材なのです。

 

またじゃがいもにはビタミンCが豊富な上に、熱でも壊れにくいという特徴もあります。免疫力を高めるビタミンCは本来、火と水に弱いのですが、じゃがいもデンプンで守られているので、ちょっとやそっとではビタミンCが壊れません。

ビタミンCは免疫作用などがあり、成人病を予防してくれます。コラーゲンの生成も助けてくれるのでお肌にもいい効果があります。

test