タグ: カロテン

「チンゲン菜」鮮やかな緑色は風邪予防のサイン

周年出回っていますが、秋から冬が旬です。

全体的にピンと張っていて、緑が濃く、丈が短いものを選びましょう。

 

栄養面はβカロテン(プロビタミンA)を豊富に含んでいて、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり免疫機能を正常に保つので風邪予防やガン予防の効果的といわれています。

油と一緒に摂ると吸収が高まるので、炒めものが最適です。

シャキシャキした食感を損なわないので、スープなど煮込んでも、レンジ調理などにも適しています。

意外?しその葉は栄養豊富

香り付けのような形で添えられていることの多いしその葉。よくお刺身などに付いています。そのため栄養の低い食材のように考えがちですが、意外に栄養豊富なんです。

 

臭いの成分であるペリアルデヒド。食欲を増進させるとともに、強い防腐作用があるので、食中毒の防止に効果的。お刺身に添えられているのも、そういうわけです。

また特にカロテン、ビタミンB2、カルシウムは、野菜の中でも最も豊富に含まれていますので、しその葉が出てきた時には、積極的に食べましょう。

 

イライラする時はセロリを食べよう

セロリと言えば最近は茎の部分が主役のようなイメージですが、葉の部分にはカロテンが豊富に含まれているので、葉も残さず食べるのがおすすめです。

またもうひとつセロリで豊富なのはカルシウム。イライラした時に気持ちを落ち着かせる作用があります。

食材としても、油っこい料理の合間に、口の中をさっぱりとさせる付け合わせとして活用することもできる、料理の名脇役として活躍します。独特の香りが苦手な方もいますが、ぜひ積極的に食べていきたいですね。

アスパラガスのホワイトとグリーンの違いは栽培方法

アスパラガスと言えば2種類。ホワイトアスパラガスグリーンアスパラガスがあります。

この大きな違いは栽培方法です。グリーンアスパラガスがそのまま日光に当てて育てているのに対して、ホワイトアスパラガスは土をかぶせて日光を遮って育てています。

栽培方法が違うだけで品種としては同じですが、グリーンアスパラガスの方がビタミンBカロテンが多く含まれています。

 

どちらのアスパラガスでも、その代名詞である栄養素のアスパラギン酸が多く含まれていて、疲労回復や美肌に効果があります。アスパラギン酸は穂先に多く含まれているので、なるべく穂先の方を食べるといいでしょう。

ほうれん草は冬場のものが栄養豊富

栄養満点の野菜として知られるほうれん草。まず有名なのが鉄分です。牛レバーに匹敵するほど含まれているので、貧血や虚弱体質に有効です。またカロテンも豊富なので、美容効果やガン予防も期待できます。

ビタミンCは鉄分と一緒に摂ると吸収率が高まり、ビタミンAビタミンEと摂ると抗酸化作用が高まります。これらは全てほうれん草に入っているので、相乗効果でより効能が発揮されています。

 

ちなみにほうれん草ビタミンCは冬場が最も豊富なので、冬のほうれん草は積極的に食べたいですね。

さつまいもは甘くても、実はダイエットに向いている

さつまいもは甘いため、太るのではないかと思っている人も多いようですが、実はダイエットに向いた食材の一つです。

まずカロリーはそれほど高くなく、食物繊維は豊富なので便秘の解消には最適。腹持ちがいいので、一度食べるとなかなかお腹もすきません。便秘が解消されるので、大腸ガンなどの予防にもつながります。

またガン細胞を抑制するカロテンや、糖質の代謝を助け体の疲労を防ぐビタミンB1も含まれています。意外と栄養満点の優良食材ですね。

さつまいもの甘さを活かして調理するなら煮るのがおすすめ。デンプンを糖質に変えて、甘さを最も引き立ててくれます。

にんじんのカロテンは表皮に含まれている

にんじんと言えばカロテンカロテンの含有量としては、主な野菜の中ではずば抜けています。カロテンは免疫力を高めて、ガン、心臓病や動脈硬化を防いでくれます。さらにカロテンは体内でビタミンAにも変化するので、皮膚や粘膜を健康にして美肌にも効果があります。

にんじんは半分ほどで、1日に必要なビタミンAが摂れる優秀な食材です。

またビタミンBビタミンCカリウムカルシウムなどもバランスよく含まれています。

 

そんなにんじんカロテンですが、多くは表皮に含まれいるので、調理する時にはできるだけ皮を活かしてください。また野菜ジュースでも、皮も含めてジュースにしたものを選ぶといいでしょう。

大根おろしは夏の食欲不振に効果的

よく料理の付け合わせにとして供される大根おろしですが、これは大根の根の部分に含まれるアミラーゼジアスターゼペルオキシダーゼといった消化酵素を摂るのに最も適した調理法です。これらの消化酵素は、胃の働きを活発化させるので、夏の食欲不振などに効果的ですが、熱で壊れやすいからです。食欲は沸かないときは、大根おろしを一品加えてみるといいでしょう。

 

また葉の部分には、カロテンビタミンCカルシウム食物繊維などが豊富などで、こちらもぜひ料理に活かしてください。

野菜の中で“世界トップクラス”の栄養量を含むかぼちゃ。貯蔵性も高く大活躍

日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3種類に大別されます。
西洋カボチャは南アメリカ原産で、一方、日本かぼちゃのルーツは、16世紀に渡来した中央アメリカ原産のもの。
日本では明治時代に栽培が始まりました。
かぼちゃの栄養価の高さは野菜の中でもトップクラス。カロテン、カリウム、ビタミンC、B1、B2、E、カルシウム、鉄などが含まれ、とりわけ豊富なのがカロテン。
また、種子には果肉の5倍ものカロテンが含まれており、漢方では“南瓜仁”と呼ばれていることは、あまり知られていないのではないでしょうか。
収穫は夏から初秋にかけて。しかし、冬至かぼちゃを食べるという習慣があるように、貯蔵性が高い野菜。収穫後、10°前後で風通しの良いところにそのまま置いておくと、追熟していきます。さらに、水分が抜け甘みがまし、栄養価も高まります。
調理法としては、コロッケやデザート、さらにはそぼろ煮など、多種多様。
ぜひ色んな料理に挑戦してみてください。

「畑で採れたての新鮮野菜」と聞くと、とても美味しそうで、野菜そのものの栄養が豊富そうな印象を受けます。

実際、ほとんどの野菜はその通りですが、かぼちゃは少し違います。採れたてよりも、少し熟したかぼちゃの方がカロテンが増します。さらに言うと少し甘くなって美味しくもなります。風通しの良い日陰で乾燥させることで、デンプンが糖分に分解するためです。

 

test