『りんご』医者いらずの万能フルーツ

apple
n

お腹を壊したり、風邪をひいたときに、すりおろしたりんごを食べた記憶のある方も多いのではないでしょうか。

昔から「医者いらず」と言われている果物です。 理由はポリフェノールの一種「カテキン」が整腸作用や高血圧の予防、がん予防にも有効だといわれています。

一年中店頭では見かけることができ、価格も大きく上下することもないので、比較的手に入りやすい果物です。

品種は多種ありますが、もっとも多く生産されているのが「ふじ」で青森県がダントツの生産量です。

半分に切ると蜜がたっぷりだとうれしくなりますよね。

蜜のがあると完熟で一番おいしい状態。ですが、その蜜の部分はそれほど甘くはないそうです。

『キウイフルーツ』その外見からは想像できない秘めた魅力

SN035
n

国内では一年中出回っていますが、日本で4月~12月頃流通しているものは主として外国産で多くがニュージーランドで作られたものです。

果肉が緑色で爽やかな酸味ののグリーンキウイと果肉が黄色く甘みの強いのゴールドキウイが一般的です。

選ぶ際は、きれいな楕円形で、果皮にまんべんなく うぶ毛 が付いているものを。

指で軽く押して弾力があれば食べ頃、硬い場合は常温で保存しましょう。

キウイは果物のなかでも水溶性食物繊維を多く含んでいるので、整腸作用が高く、便秘改善に効果的です。

100gあたりのビタミンC含有量はずば抜けているので、風邪予防や美容効果に必須のフルーツです。

ちなみに 「キウイ」という名前は、鳥の「キーウィ」に似ていることから付いた名前ではないそうです。※諸説あり

「チンゲン菜」鮮やかな緑色は風邪予防のサイン

SN126
n

周年出回っていますが、秋から冬が旬です。

全体的にピンと張っていて、緑が濃く、丈が短いものを選びましょう。

 

栄養面はβカロテン(プロビタミンA)を豊富に含んでいて、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり免疫機能を正常に保つので風邪予防やガン予防の効果的といわれています。

油と一緒に摂ると吸収が高まるので、炒めものが最適です。

シャキシャキした食感を損なわないので、スープなど煮込んでも、レンジ調理などにも適しています。

『いちご』手軽にビタミンC補給

DU077
n

子供から大人まで誰もが好きないちご。

12月から5月頃まで出回り、近年では、品種も増えてスーパーでは多種のいちごを見かけるようになりました。

衝撃に弱く日持ちもしないので、購入するときには注意が必要です。

パックされているものは、裏側や側面からよく見て、押しつぶされていないか、果汁がでていないか確認しましょう。

100gあたりのビタミンCはレモンやオレンジよりも多いことは知られていますが、葉酸も豊富なので、一日5~6個を目安に食べることをオススメします。

鮮度の見分けは赤色が濃く、ヘタは濃い緑でピンとしているものが新鮮。

食べる際は、ビタミンCの流出を防ぐためにヘタを取る前にサッと手早く洗い、ヘタのついていた部分から先に食べるとおいしさが増します。

 

『ブロッコリー』次世代ダイエットの救世主!?

broccoli
n

ブロッコリーに含まれる成分には、健康や美容に関する様々な効果があると言われています。

βカロテン、ビタミンC・B1・B2、葉酸、食物繊維豊富で栄養面でも料理の彩りとしても万能です。

最近では、美容を気にする女性の間で「ブロッコリーダイエット」として注目されはじめました。

方法は、通常の食事にブロッコリーを足すだけ と簡単です。

お料理に加えるとカサ増しされ、コリコリした食感がアクセントになるので食べごたえもあります。

自然といつもより主食の量が減るかもしれません。

ただ、ビタミンは茹でることで逃げ出てしまうので、熱湯でさっと手早くゆでるか、レンジ調理を。

グラタンやスープなどにアツアツのお料理にはぴったりです。

選ぶ際は、緑が濃く茎の切り口に「ス」がなく、蕾が開いていないものを選びましょう。

『キヌア』今までになかったパーフェクトフード

}PgžxQ
n

キヌアの原産地はチリのアンデス山脈一帯です。

高タンパク 低カロリーで栄養価が高く満腹感があるので欧米のセレブの間でダイエットに活用されています。

完全食品といわれるほどの栄養価を持っていて、食物繊維 カルシウム ビタミンが豊富です。

さらに女性ホルモンと同じような働きをする成分フィトエストロゲンやカルシウムも多く含まれていて、女性にうれしい食品です。

美肌・ダイエット・健康に効果の期待ができる、まさにパーフェクトフードです。

食べ方は茹でてサラダやスープ、シリアルなどにトッピングしたり、お米と一緒に炊くなど 味のクセは少ないので、何にでも合わせやすい食材です。

『べにふうき』毎年悩ませる花粉症を体の中からブロック

シズル
n

「べにふうき」とはアッサム紅茶品種「べにほまれ」とダージリン系紅茶品種「枕cd86」をかけあわせてできた新しい品種の緑茶です。

「べにふうき」含まれているメチル化カテキンという成分は花粉症に効果があると、さまざまな機関で研究結果が発表されています。

味はくせがなく飲みやすいので、大人はもちろん、薬に頼ることのできないお子様や妊婦さんでもおいしく飲めます。

毎日2杯程度を目安に飲み続けて、今年は健康的に花粉症対策をしてみてはいかがですか?

『もち麦』モチモチ・プリプチとした新食感

SW156
n

雑穀米人気に遅ればせながらの登場ですが

その分効果や味は期待を裏切らない「もち麦」。

しかしその歴史は昭和初期まではもち米の代用に

していた程、古くから親しまれていた食品です。

調理方法はお米と一緒に炊くだけと、とても簡単で

独特の歯触りがモチモチ・プリプチと新食感を味わえます。

おいしくてついつい食べ過ぎてしまいそうな気がしてしまいますが、

食べごたえのあるしっかりしたその食感で、満腹感を得ることができます。

なのに、白米の風味や香りを邪魔しません。

お米と炊くだけではなく、茹でてサラダや、スープに入れても間違いなしの食材です。

『アフリカンマンゴー』知って損なしのスーパーフルーツ 

20161111-174310
n

最近、日本でもじわじわと人気が上がってきた

話題のスーパーフルーツ。

近年、アメリカではテレビやネット上でダイエット

効果が期待できると話題になり、アフリカンマンゴーのサプリメントが急速に販売量を伸ばしています。

アフリカンマンゴーの種子エキスには「レプチン」という

満腹中枢を刺激し、食欲抑制する効果があります。

とまらない食欲を無理なく抑えてくれ、食べ過ぎを予防します。

さらに、脂肪代謝を上げ脂肪の燃焼を促進したり、糖分や糖質を

体内に吸収しにくくする効果もあるそうです。

 

葉や樹は薬に、種子はスパイスに、果実は美味で栄養価も高く、

アフリカでは1株あれば1家族が支えられるといわれ

昔から重宝されているまさに魔法の樹木です。

アメリカで人気のダイエットサポートフルーツ:アフリカンマンゴノキ(アフリカンマンゴー)

20161111-174310
n

アフリカマンゴノキ属ニガキ科の高木で、インドやアフリカなど熱帯地方の低木が集まる森に自生しています。

中央~西アフリカ地域の採集狩猟民族は、過剰な食欲を抑制する働きのある薬草として古くから利用されています。

アメリカではアフリカマンゴノキの種子を乾燥、抽出、粉末化したエキスを使った脂肪の合成を抑制したり炭水化物の吸収を抑制するといったサプリメントも人気を集めています。

« 過去の記事
 
test