カテゴリー: キャベツ

キャベツのキャベジンを余さず摂るには、生が一番

キャベツの主な栄養素がビタミンUです。別名キャベジンキャベツの絞り汁から発見されたのでキャベジンです。ビタミンUキャベジン)は体に必須の栄養素ではないので、ビタミンではないと考えられていますが、胃腸の粘膜の新陳代謝を助けてくれます。そう、あのお薬のキャベジンと同じですね。

もう一つの栄養素はビタミンC。免疫力を強化して病気を予防したり、美肌やガンの予防に効果があります。特に芯の周りに多いので、芯も残さずに食べましょう。

またキャベツ食物繊維も多く、100gあたり23kcalしかないので、ダイエットにも最適な食材です。

 

さてそのビタミンUキャベジン)とビタミンCですが、熱に弱いのでできれば生で食べましょう。もしくはスープなど、栄養の溶け込ませたスープにするとよいでしょう。

test