カテゴリー: きゅうり

水分が90%以上!?水分補給にもおすすめの野菜〝きゅうり”

インドのヒマラヤを原産地に持つきゅうりは、3000年の栽培の歴史を持ちます。
日本には6世紀後半に中国から伝えられましたが、本格的に栽培されるようになったのは江戸時代からになります。
“黄瓜(きうり)”が語源で、ふだん食べている緑色のものは、黄色熟れる前の未熟果です。
成分は約95%が水分となっており、ビタミンCやカリウムが含まれています。
おいしい時期は5~8月となっており、乾燥と低温が苦手なので、ビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
サラダや酢の物など、生で食べる機会も多いですが、炒めものにするとまた違った食感が楽しめます。

きゅうりは浅漬けにすると、乳酸菌とカリウムがアップ

きゅうりに多く含まれているカリウムは、利尿作用を促すので、血圧の安定に効果があります。

さらに漬物(ぬか漬け)にすると、カリウムがさらに大幅アップしますので、おすすめ。漬物で発酵させた乳酸菌(植物性乳酸菌)は、胃酸で死滅しにくく、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌に比べて、約10倍も生きたまま胃に届くと言われていますので、時間があればぜひ、きゅうりの漬物を試してみてください。

test