カテゴリー: かぼちゃ

伝統行事とカボチャのお話

かぼちゃ

日本のカボチャは「パンプキン」とはいわない!?

もうすぐハロウィンがやってきます。ここ数年、日本では大人たちが仮装で大盛り上がりしている光景を見て、どこか違和感を感じるとともに、すっかり日本ナイズされたなと感じております。

米国に滞在していた頃、ハロウィンは収穫を祝う子供のためのお祭りであり、仮装した子供たちがお菓子をもらいに近所を練り歩く姿がとても可愛いらしかった記憶があります。一方、大人たちは国民の祝日になる「サンクスギビングデー(感謝祭)」に七面鳥を焼いて家族でお祝いする…そんなイメージがあるからです。

米国の郊外では夏も終わりになると色鮮やかなオレンジ色のカボチャ畑が所々にあって、コンテスト用なのか子供の背丈よりも大きい巨大カボチャがゴロゴロと育てられていました。

米国ではこのオレンジ色の熟したカボチャを「パンプキン」と呼び、日本で流通している西洋カボチャや日本カボチャは「スクウォッシュ」と呼ぶのだそうです。ちなみに我が国で売られているカボチャのほとんどは西洋カボチャで、特徴はビタミン類が豊富なことです。

 

寒い冬はカボチャ(スクウォッシュ)で乗り切りましょう

カボチャは秋が旬のイメージですが、収穫は真夏から始まります。

そして収穫後、しばらくおいて追熟させることで甘みが増し、味も濃厚になってきます。

涼しいところなら数ヶ月保存が効きますので、お安いときに新鮮なものを購入して長期保存しておくとよいでしょう。

ちなみに選び方のポイントは、色が濃くて表面が堅くしまり、叩いたときにコツコツと音がするものがおすすめです。また、ヘタがしっかり乾燥したら食べ頃サインです。

我が国でも昔から「冬至」にカボチャを食べる習慣があります。これは保存が効き、ビタミンが多いため、寒い冬に風邪を跳ね除け、健康に乗り切ろうとする先人たちの知恵といえます。じつはビタミンEは野菜の中でトップクラスの含有量を誇っています。

ビタミンEは血行をよくし、抗酸化作用があります。また黄色い果肉にはカロテンやビタミンCが多く、これらを一緒に摂取することで抗酸化作用も相乗的に働きます。

さらにカボチャの種やワタにも栄養がたっぷりと含まれており、果肉よりもワタの方がカロテンが多く、種はヒトの体では作ることができない必須脂肪酸のリノール酸が含まれています。捨ててしまうには勿体ないと思いませんか。

そこで今回は種とワタをそのまま使った簡単レシピをご紹介いたします。

かぼちゃ

【カボチャの種とワタのスパイシー揚げ】

・カボチャの種とワタ 1/4個分 70~80gくらい
・小麦粉 大さじ2
・マヨネーズ 大さじ1
・カレー粉 小さじ1
・サラダ油 適宜
・塩 少々

【作り方】

①カボチャの種とワタ、小麦粉、マヨネーズ、カレー粉をボールに入れてよく混ぜ合わせる。
もし種が気になるようならビニールに入れて軽く麺棒で叩いたものを使うとよい。
② ①をおせんべい状に成形する。
③ フライパンにサラダ油を入れて揚げる。※低温でゆっくり揚げるのがポイント。
④塩をふってお召し上がりください。

 

コラム:栄養管理士/大森貴舟

野菜の中で“世界トップクラス”の栄養量を含むかぼちゃ。貯蔵性も高く大活躍

日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3種類に大別されます。
西洋カボチャは南アメリカ原産で、一方、日本かぼちゃのルーツは、16世紀に渡来した中央アメリカ原産のもの。
日本では明治時代に栽培が始まりました。
かぼちゃの栄養価の高さは野菜の中でもトップクラス。カロテン、カリウム、ビタミンC、B1、B2、E、カルシウム、鉄などが含まれ、とりわけ豊富なのがカロテン。
また、種子には果肉の5倍ものカロテンが含まれており、漢方では“南瓜仁”と呼ばれていることは、あまり知られていないのではないでしょうか。
収穫は夏から初秋にかけて。しかし、冬至かぼちゃを食べるという習慣があるように、貯蔵性が高い野菜。収穫後、10°前後で風通しの良いところにそのまま置いておくと、追熟していきます。さらに、水分が抜け甘みがまし、栄養価も高まります。
調理法としては、コロッケやデザート、さらにはそぼろ煮など、多種多様。
ぜひ色んな料理に挑戦してみてください。

「畑で採れたての新鮮野菜」と聞くと、とても美味しそうで、野菜そのものの栄養が豊富そうな印象を受けます。

実際、ほとんどの野菜はその通りですが、かぼちゃは少し違います。採れたてよりも、少し熟したかぼちゃの方がカロテンが増します。さらに言うと少し甘くなって美味しくもなります。風通しの良い日陰で乾燥させることで、デンプンが糖分に分解するためです。

 

test