ミリオンストア

営業日12時までのご注文で即日発送
定期購入なら送料無料

新春初売福袋

受験応援特集・ミリオンストア

プレミアムギフト

ご存じですか?お歳暮の送り方

お歳暮はいつ贈るの?

お歳暮は本来12月13日〜12月20日までに贈るのが一般的と言われています。
12月13日は「正月事はじめの日」で、正月の準備を始める日。
12月20日以降はどの家庭も年越しの準備であわただしくなるため、これより以前に贈るのが良いでしょう。

お歳暮の選び方

お歳暮の時期はなにかと忙しく、ついつい置いたままになってしまうことも多いようです。 そのため、生鮮食品や賞味期限の早い物を贈る場合には、一言添えて贈るとよいでしょう。 日持ちするジュースやお菓子、缶詰などは、年末年始の忙しい時にも出番が多く、 重宝されることが多いようです。

喪中の方へのお歳暮は

日頃、お世話になっている感謝を贈るものですので、お祝い事ではありません。
お中元同様、忌明け後(仏式の場合四十九日、神式の場合五十日)であれば、贈っても問題ないと言われています。

お歳暮とお年賀の違い

お歳暮は一年の感謝を贈るもので、お年賀はお正月の挨拶に伺うときの手土産と言われています。
お歳暮は手渡し・発送どちらでも良いのに対し、お年賀は直接お会いして手渡しするのが一般的。
お歳暮もお年賀も時期が近いのですが、両方贈る必要はなく、年始にお伺いの予定があればお歳暮は送らずに、 お年賀でお渡ししても良いですし、遠方やお会いできない場合にはお歳暮という形でお送りするとよいでしょう。
風習や個人の考え方もありますが、どちらかだけ送って失礼にあたるということはないようです。

お歳暮をもらったら

お歳暮を受け取ったら、まずは中身を確認してお電話などで届いた旨をお伝えしましょう。 贈った方はきちんと届いたか、好みの物だったかなど気になることも多いと思います。 まずは、お電話などで連絡をして、その後じっくりとお礼状などを書くとよいでしょう。

お歳暮のお返しは基本的に不要と言われています。 ただ、贈ってもらってばかりで申し訳ないという場合には「お歳暮返し」という形ではなく、 「お礼」という熨斗でお送りしたほうが一般的です。