ミリオンストア

営業日12時までのご注文で即日発送
定期購入なら送料無料

プレミアムギフト

ご存じですか?お中元の送り方

お中元はいつ贈るの?

一般的なお中元の時期は、7月初旬から7月15日までと言われていますが、近年では、6月下旬ころから送ることもあるようです。

関西地域では8月1日~8月15日までに送るとされていますので、送る方の地域風習に合わせるとよいでしょう。
もし、お中元をいただいてお返しが遅くなってしまった場合には「お中元」ではなく「暑中見舞い」「残暑見舞い」という形で贈るのが一般的です。

喪中の方へのお中元は?

なくなられた方の忌明け後(仏式の場合四十九日、神式の場合五十日)であれば、贈っても失礼にはならないと言われています。 どうしてもお中元の時期に重なってしまう場合には時期をずらして贈るのがよいでしょう。

お中元をもらったら

まずはお中元が届いたことをお礼と共にお伝えしましょう。以前はお礼状を送るのが一般的なマナーでしたが、 近年では電話やメールなどでのお礼でも良しとされているようです。 また、お中元のお返しは基本的には不要です。 ただ「せっかくいただいたのであれば…」という方も多いようですので、その場合には、日を置いて、頂いた商品より安めの物を送るのがマナーです。

送る日によっては熨斗の表書きが変わりますので、ご注意ください。

7月15日まで…「お中元」「御中元」
立秋(8月7日頃)まで…「暑中お見舞い」「暑中御伺」
9月上旬まで…「残暑お見舞い」「残暑御伺」

お中元お断り

お中元が大量に届く方など、毎年、お礼状だけで大変な量になってしまうというお話を聞いたことがあります。 また、企業へのお中元はコンプライアンスなどの関係で受け取れない企業も増えてきました。
その場合にはお中元が始まる前に「お断り状」を出すのが一般的です。 失礼の無いようにできるだけ丁寧にお断りしましょう。

また、お断り状が届いたけれど、どうしても贈りたい場合などには、熨斗をつけず、金額も低めのものを送れば、お互いに負担になりません。