タグ: アリシン

アリシンはにんにくの臭いの素でもあり、栄養の素でもあります

garlic

にんにくの臭いの素はアリシン。このアリシンはにんにくを切ったりすると発生します。このアリシンは臭いの素というだけでなく、にんにくの栄養の源でもあります。

殺菌作用の他、ガン予防、ビタミンB1と結びつく事でスタミナ回復にも役立ちます。

にんにくを切ったりすることでアリシンは発生しますから、料理で使うときは基本、包丁で切ったり潰したりして使うのがいいでしょう。

関東の長ネギと関西の青ネギ。栄養価では青ネギの方が優れている。

green_onion

同じネギでも関東と関西では違います。

 

関東では根の部分が伸びるにつれて土をかぶせて栽培する長ネギ、関西では土をかぶせずそのまま育てる青ネギが、それぞれ食べられています。万能ネギ青ネギを若採りしたものです。栄養的には青ネギの方が長ネギよりもミネラルカロチンビタミンCビタミンBなどの栄養素が多く、最近ではこちらが好まれることが多いようです。

 

ネギに含まれるアリシンという成分には殺菌・ 抗菌作用があり、ニンニクニラなども持っている臭い成分です。

test